ブログ

髪とヘアサイクル

公開日 2013/05/09 投稿者 KANDA
スキャルプのアドバイス。シャンプー後の地肌の皮脂量は、6~24時間で元の量に戻ります。頭皮にトラブルがない場合は、毎日シャンプーすることをおすすめします。もちろん個人差があるのでべたつきやすい頭皮の人はシャンプーの回数を増やしたり、シャンプーの時に指の腹で念入りにマッサージを行いましょう。乾燥しがちな人はシャンプーの剤の量や回数を減らしましょう。シャンプーは、頭皮を指の腹でマッサージをするようにして洗い、十分にすすぎ、シャンプーやコンディショナーを地肌に残さないように丁寧にすすいでください。頭皮にトラブルがある場合には薬用のシャンプーコンディショナーがおススメです。コンデショナーは基本的には髪のためのものですが、頭皮に付いたかといって問題があるわけではありません。特に、薬用のコンディショナーは頭皮と髪のための商品です。頭皮にも優しくなじませ、軽くマッサージをしてから、すすぐと、より効果的です。ただし、シャンプー剤と同様に、最後はしっかり流す事です。頭皮は体の他の部位に比べて、皮脂量が多く、しかも髪が密集して生えているのでムレやすく、細菌が繁殖しやすい条件が揃っています。シャンプーしても、地肌が十分に洗えていないと、洗い残した皮脂や汗などを栄養にして細菌が繁殖し、頭皮の炎症につながります。また、皮脂が空気酸化されて過酸化皮質という悪玉の脂に変化します。頭皮のかゆみは個人差があり、シャンプー後早い時点でかゆくなっている人や2日経ってもかゆくなりにくい人もいます。体調を崩した時や汗をかいた後に、頭皮がかゆくなる事もあります。また、かゆくなったからといって爪でかいたり、爪を立ててシャンプーしたりするのは禁物です。刺激のある食べ物、精神的ストレス、不規則な生活なども頭皮への刺激となります。
メニュー