ブログ

疲れ目解消

公開日 2013/01/21 投稿者 ゆかり

3・・目をグルグルと動かす。視界の上下左右を、なるべく端から端まで、見るように大きくゆっくりと動かします。右回りと左回り、両方を3~5回ずつ行ってください。

4・・目をギュとつぶる。最後に目をギュと3秒つぶり、パァと開いて3秒キープ。これを3回繰り返します。目を疲れさせないポイントは目を見開いて物を見たり一点を見続けたりしないこと。普段の生活の中でできるちょとした工夫で、目の疲れを予防しましょう。

*力まず物を見る。書や本を読むとき集中するとどうしても目を見開いて凝視してしまいがち。また目の前の書類に没頭すると、心の緊張も高まってしまいます。物を読むときには気持ちも距離も少し引いてリラックスしながら読むようにしましょう。また、書類などの位置も、目線が水平よりも下になるようにすると、目えの負担が少なくてすみます。

*なるべく遠くのものを見る機会をつくる。パソコンやゲームをしている時、意識して時々遠くを見るように習慣ずけましょう。近い所にピンとを合わせつづけて凝り固まった、目の筋肉を緩める効果がありま。そのほか、空や遠くの景色など意識してみる事も、目の筋力を高めるのに効果的です。

*パソコンを使うときは姿勢と配置に注意する。パソコンを使うときはまず、姿勢を伸ばして座る事。椅子の高さは足裏全体が床につき、膝がももよりも上がらないように調節し、モニターは、視線が水平よりも下になる位置に。また、机の一番奥に置いて、なるべく距離をとりましょう。キーボードの位置は、肩から肘までまっすぐにおろし、手は肘より少し下がるところがベスト。なお、書類を見ながら作業するときは、モニターの横に立てて並べると過度に視線が散らばらず、目に疲れが防ぐことができます。

メニュー