ブログ

疲れ目解消

公開日 2013/01/20 投稿者 ゆかり

眼精疲労は、長時間目を使い続けるといった直接の原因だけではなくストレスや精神的疲労によって引き起こされることもあります。たとえばパソコンで長時間作業した後に感じる目の疲れ、これは一定の距離のものをずっと見続けることで目の筋肉がこわばってこったりまばたきの回数が減って目が乾いたりしてしまう事が原因です。つまり目を酷使したことによる疲れ目。しかしとりわけ何かをずっと見ていなくても集中して考え事をしたり精神的な疲労を感じている時に目がかすんだりぼんやりしたという経験はありませんか?人は目に入ってきた情報を視神経を通して、脳に伝達し、脳の中で映像に変換することで物を見ています。しかし脳が感じたストレスが、その伝達路を通じて逆に目に伝わってしまう事があります。これが疲れ目を引き起こすもう一つ原因です。また視神経そのものが後頭部に集まっていることからいずれの理由でおきた目の疲れも慢性化すると頭のコリにつながります。そして、そのコリが悪化すると首や肩までこったりさらには頭痛を引き起こすことになります。そのため疲れ目の解消には目そのものをほぐすだけではなく脳をリラックスさせること、また、その目の疲れが原因となって引き起こされた頭のこりをほぐす事も大切なのです。

その場ですぐできるテクニック
1・・目と目頭の間のくぼみをぐっと押し上げる。目を閉じて親指の先を眉と目頭の間のくぼみに、なるべ深く差し込みます。そのままおでこを持ち上げるつもりで、奥から手前にぐっと押し上げます。少し痛いくらいの強さで1分ほど押し続けます。

2・・まぶたの上から目にギュッと圧を加える。目を閉じ、まぶたの上から人さし指と中指で眼球を押さえます。少し圧迫感を感じるくらいの強さで、3分間押し続けます。押してる間に指を動かしたり強く押すと眼球が傷つく恐れがあるので十分注意しましょう。

メニュー