ブログ

ケラサターゼ

公開日 2013/01/18 投稿者 ゆかり

最近、お客様が足マッサージをして下さる方が多くなりました。そこで今日は足ツボについて調べてみました。足の裏には、心臓や肝臓、脳や腸など、人間の体の部位とつなっがっているツボがたくさん集まっています。足のつま先からかかとに向かって、頭部から下半身とつながるツボが点在したいて、まるで体の縮図のようになっているのです。これらのツボを押すことで、直接さわることができない脳や内臓などを元気にする事ができます。足ツボを始める前に覚えておきたたい6つのこと。
1・・足裏マッサージは、足をきれいに洗うことから始まります。足裏や指の間には殺菌がいっぱい。まずはこの殺菌を石鹸などで洗い流して(菌ゼロ)状態に近づけて。石鹸を泡立てて指の間まで丁寧に洗いタオルで指1本づつしっかりと拭きましょう。また、かかとや足裏の角質除去も必要。角質で足がガチガチになっていると刺激がツボまで届かないこともあります。専用のリムーバーなどでしっかりお手入れしてください。

2・・マッサージは姿勢をキープしてしっかり刺激出来るように、床やラグの上であぐらをかいて行うのがベスト。おしりが痛くなりそうなら、薄めの座布団やタオルを敷いて。10分続けられる無理のない体制でスタートしましょう。硬い材質の座面なら椅子の上で行ってもよいです。

3・・足にオイルやクリームを塗っておくと滑りが良くなってスムーズにマッサージを行おう事ができます。何もつけていないと滑りが悪いため摩擦で肌が黒ずんだり、押す手の方にタコができてしまったりと、肌のトラブルの原因になりかねません。なお、クリームやオイルは高価なものでなくても大丈夫足首から下は尿素20%配合のクリーム足首から太ももにかけては赤ちゃん用のオイルがおすすめです。

4・・足裏マッサージは基本的にこのタイミングで行わなければいけないと言った決まりはありませんが、よりリラクッスしたいときは夜、お風呂上りに行いましょう。アロマキャンドルをともしたり、癒し系の音楽を流してリラックスムードを演出し、ゆったりとした気分で一日の疲れをもみほぐしましょう。そのままぐっすり眠ればさわやかな朝が迎えられます。

メニュー